Close

ホームヘルパーが転職をする時に大切なこと

ホームヘルパーは、訪問介護の現場はもちろんのこと、老人ホームや病院などでもニーズが高い職種の一つとなっています。特に、訪問介護事業所である程度の経験を持つ人や、業務上で役立つ資格がある人は、転職後に収入アップを目指せることもあり、積極的に求人選びをすることがおすすめです。また、ホームヘルパーの経験が活かしやすい職場を探すにあたり、興味のある介護現場の見学を希望したり、採用担当者や現場で働くスタッフと相談をしたりすると良いでしょう。

ホームヘルパーとして期待される人物像については、それぞれの介護現場における仕事内容や介護サービスの利用者の希望などによって大きなバラつきがあります。そのため、転職後にギャップを感じずに働き続けるために、できるだけ早い段階で適性や能力などに見合った職場の候補を決めることがポイントです。地域密着型の訪問介護サービスを展開している事業所においては、中途採用のスタッフを対象とした特別の研修やセミナーなどを用意しているところもあり、スキルアップの意欲が高い人に最適です。

ホームヘルパーの転職後の役職は、実務経験の長さや担当したことのある仕事の幅の広さなどに大きく影響を受けることがあります。そこで、介護業界で着実にキャリアを積むために、人事評価の制度がしっかりと整っている事業所に勤めるのはもちろん、日ごろから業務の合間を縫って、介護職としての資質を高めることが肝心です。