Close

ホームヘルパーの仕事内容とは

ホームヘルパーとは介護を必要とする高齢者や障害をもっている人などの自宅を訪問して、日常生活の補助を行う介護スタッフです。家政婦やお手伝いさんのように、家事全般を行うわけではなく、要介護認定を受けている要介護者に行うサービスです。日常生活がままならない要介護者が、自立した生活ができるように生活援助を行う意味合いが職種になります。

ホームヘルパーの仕事内容は、主に「生活援助」と「身体介護」の2つがあります。生活援助は掃除、洗濯、調理、買い物など身の回りの世話をすることを指します。身体介護は、排せつ、食事、着替えの介助、入浴など被介護者一人では行えないことをホームヘルパーが直接触れて補助することです。要介護の状況によってどこまで行うかは変わりますが、自立できるよう介助することがホームヘルパーとしての仕事の目的と言えます。

その他の仕事としては、必要に応じて「通院介助」を行うこともあります。ホームヘルパーが自ら車を運転して病院まで送り、移動や受診手続きなどの介助を行います。
被介護者一人に対して、ホームヘルパー一人が介助を行うのが基本です。話し相手となったり、外出の介助をしたりと気持ちの面をサポートすることもホームヘルパーの仕事です。ホームヘルパーは正社員の直接雇用の他に、派遣・登録ヘルパーという働き方もできます。その場合、副業として働くこともできるので、自分に合って勤務体系をとることが可能です。